キャッシング審査で収入証明書類を不要にできる?

 

キャッシング・カードローン審査で収入証明書を不要にする方法があれば知りたいですよね。

 

自分の収入は審査でも明かしたく無いものです。

 

キャッシング・カードローン審査で収入証明書類を不要にする方法について解説します。

 

収入証明書類って何?

収入証明書類は給与明細(直近2〜3ヶ月分)、所得証明書、源泉徴収票、税額通知書、確定申告書等の事を言います。

 

収入証明書類なんて持ち歩く人なんて普通いませんから、出先で急にお金が必要になった時非常に困ります。

 

収入証明書類を省略する方法

収入証明書類を省略する方法は、希望額を少なくする事です。

 

収入証明書類は貸金業法で50万円以下、もしくは他社と合算して100万円の借入の場合、特に徴求する必要は無いとされています。

 

借入希望額を減らせば、キャッシングで収入証明書類は要りません。

 

銀行カードローンでも収入証明書類が必要に

銀行カードローンは銀行法が適用されるので収入証明書類は必要無いとされていますが、業界全体のルールで必要とするところが増えています。

 

即日融資にも銀行カードローンは対応できなくなりつつあるので、申し込むなら消費者金融キャッシングに申し込みましょう。

 

収入証明書類は省略できるなら、省略したいものです。

 

上手く借入希望額を減らして調整してみるといいでしょう。